• 情報の一本化

    OKサインの社員たち

    近年、多くの企業では人事関連、財務関連の情報を一本化するERPパッケージを取り入れています。システムを簡単にバージョンアップできたり、他の部門の作業内容を確認できたりととても便利です。

    Read more
  • 正しく利用しよう

    会議の様子

    手形割引は使い方によって、とても便利なものであり多くの企業や銀行で現金回収方法の1つとして利用しているところが多くあります。正しい使い方や注意点を理解して有効的に利用してみましょう。

    Read more

手形割引とは

見つめる男性社員

現状とこれからの流れに対する予測

手形割引とは期日到来前の手形を金融機関に持ち込み、現金化することを指しています。割引を行うことによって、手形に記載されている金額より少ない額しか現金化されませんが、手形期日到来日まで資金繰りが間に合わないという場合に使われることがあります。このところでは、手形割引が常態化した企業も増えており、決算時には手形売却損が増えていることが会計上指摘されていることが浮き彫りとなっています。損益が増えることがネックとされていますが、会社が不渡りを出さずに営業し続けられるなどというような利点があるため、今後も手形割引を行う会社は多く見られることでしょう。金融機関や貸金業などが手形割引の引き受けを行うため、危険度は少ないとみられるでしょう。

手形割引で気をつけたい点

手形割引自体は悪いことではなく、会社の資金運営に必要なことですので、手形の期日をきちんと管理しておく必要があります。また、手形売却損は会社の損失ですので、このような事を減らすにはどうした良いかという経営見直しが必要になります。これに伴い、監査などで企業の資金管理に対する指摘を受けることもあります。もともと手形割引を見込んだ資金管理を行っているのであれば、改めるべきでしょう。 手形割引を行う場合、金融機関ごとに割引率が設定されています。支払い期日までの金利に相当する分が割り引かれますので、手形の到来期日が近いものを提示するようにしましょう。また、金利が安い金融機関を探すことが求められますが、一般的に当座もしくは普通預金口座を持つ取引銀行に依頼するのがセオリーです。

  • 銀行と業者を比べる

    会議の様子

    手形は満期日がこないと現金化することができないため、急ぎで現金が欲しいときは銀行や業者を利用して裏書譲渡して手形割引を利用しましょう。銀行と業者とでは違いがあるので違いを理解して利用するようにしましょう。

    Read more
  • 利用前に信用確認

    ファイルに目を通す男性

    手形割引を利用して現金化することはできますが、手形を出した人が支払いできなければ不渡りとなり手形割引を依頼した人が損をしてしますケースが多々あります。必ず相手側の信用を調査してから利用しましょう。

    Read more
このエントリーをはてなブックマークに追加